WordPress(インストール編)

WordPressのインストールの前に、

レンタルサーバーは借りましたか?

独自ドメインの取得はしましたか?

レンタルサーバーと独自ドメインを紐つけましたか?

まだ、できていないという方は先に、「レンタルサーバーを借りる」「独自ドメインの取得」「サーバーとドメインの紐つけ」の記事をお読みになってください。

いよいよ、この項では、WordPressをインストールしていくわけなのですが、WordPressのインストールは、スマホやパソコンのアプリのインストールのようにはいきません。

アプリのインストールは、ダウンロードして起動すれば、大体が即時使えます。

しかし、WordPressは、まず「レンタルサーバー」「独自ドメイン」「サーバーとドメインの紐つけ」が必要になります。

この3つを、クリアして初めてインストールができるようになります。

WordPressインストール手順

まずは、レンタルサーバーのトップページ「XSERVERアカウント」へ入ります。

ログアウトしてしまっている場合はログインしてください。

次に、ご契約一覧から「サーバー管理」を選択します。

サーバーパネルという画面になったと思います。

下へスクロールします。

WordPress簡単インストールを選択します。

ドメイン選択画面から、WordPressをインストールするドメインを選択します。

必要事項を記入します

・サイトURL・・・こちらは、独自ドメインがそのまま反映されていると思います。「/」から後ろの部分は、今の時点では特に必要ありませんから、無記入で大丈夫です

・ブログ名・・・実際に使うブログ名を記入します。後で変更可能なので、まだ決まっていない場合などは、適当なものを記入しても構いません。

・ユーザー名・・・ログイン時に必要になります。これからたくさんブログを運営することを前提に、他のブログと識別しておいた方が良いので、ブログごとに違うユーザー名を登録しておくことをお勧めします。

・パスワード・・・ブログごとに、変えることをお勧めします。

・メールアドレス・・・通常使っているメールアドレスで構いません。こちらはブログごとに変える必要はありません。

・キャッシュ自動削除・・・デフォルトで構いません(変更なしで構いません)

・データーベース・・・こちらもデフォルトで構いません(変更なしで構いません)

写真では見切れてしまっていますが、一番下にある「確認画面へ進む」をクリックします。

サイト名とパスワードは後で使いますから、必ず目メモを取るなどしておいてください。

特に問題なければ、「インストールする」をクリックします。

これで、WordPressのインストールは完了です。

この後、細かな設定は必要ですが、ひとまず自分のサイトが完成です。

ちなみにインストール後、すぐにサイトは表示できません。

サイトのURLにアクセスしても、しばらくはアクセスできず、上のような画面になる場合がありますが心配ありません。

記載通りしばらく時間をおいてアクセスすればサイトが表示できますので安心してください。

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です